トップ

ベイザー脂肪吸引とは

従来の脂肪吸引とベイザーの違い

ベイザーと従来の脂肪吸引の比較

自分の体についてしまった脂肪をダイエットで落とそうとしても、なかなか思い通りにいきません。また、脂肪を落としたいところは細くならず、胸などの残しておきたい部分から痩せてしまうというようにコントロールがうまくいかないのもダイエットの難点です。

自分が落としたい部分の脂肪を的確に狙って体のラインを細くする方法には、脂肪吸引というものがあります。
脂肪吸引は、脂肪を取り去りたい部位にカニューレと呼ばれる医療用器具を挿し、抜き差ししながら脂肪を削ぎ落して吸引するという方法で行います。今ある脂肪を吸い取るのですから、確実に取った箇所の脂肪は無くなりますが、部位や上下半身のバランスを取りながら自然な仕上がりにするには、医師の経験や技術が大きく関わります。施術を受けた人の中には、脂肪を吸引した箇所が凸凹になってしまったという人もいます。

最近ではベイザー脂肪吸引が注目を集めていますが、これは、超音波波動ベイザー波を用いて脂肪を遊離・分解してからカニューレで吸引する方法で脂肪を取り去ります。脂肪を削り取らずに溶かして吸い出すため、脂肪のまわりにある筋肉や血管を傷つけずに施術を行う事ができます。体に負担が少ない分、痛みや傷の具合も従来の方法より軽減されると言われています。
全身麻酔を用いて施術するのは同じですが、術後の痛みや傷の回復は、ベイザーのほうが短い期間で済むとされています。

ベイザーでの施術を検討するならこちら。

またベイザー波は、部位によっては硬くなってしまった脂肪にも有効です。超音波で柔らかくしてから分解・除去しますので、これまでは脂肪吸引が難しかった上腹部や背中にも施術を行えます。そして、脂肪吸引の修正にもこのベイザー法を利用することができます。